【シドニー】教師のご紹介 アン・フィンレイ【アレクサンダーテクニーク】

こんにちは、西川です。

今日は、前回のグレッグに続いて、アン・フィンレイ(Anne Finlay)をご紹介したいと思います。

アンがアレクサンダーテクニークに関心をもったのは、マイケル・ケルブの著書、「ボディ・ラーニング」を読んだことがきっかけだそうです。 “【シドニー】教師のご紹介 アン・フィンレイ【アレクサンダーテクニーク】” の続きを読む

【シドニー】すごい先生!グッレグ・ホールダウェイをご紹介【アレクサンダーテクニーク】

こんにちは、西川です。

私の通っているシドニー・アレクサンダー・テクニークスクール主宰のグレッグ・ホールダウェイをご紹介したいと思います!
※アレクサンダーテクニークをあまりご存知無い方はわかりづらい内容かもしれません。

 

グレッグ・ホールダウェイ(左)

グレッグ・ホールダウェイ(Greg Holdaway)、一般には左記の名前で知られており、本人もそのように名乗っていますが、グレゴリー・ホールダウェイ(Gregory Holdaway)というのが本名になります。
子供の頃に短縮してグレッグと言っていたのが定着したそうです。ちなみに父は彼のことをグレゴリアスと呼んでいたようです。

そして実は、オーストラリアの出身ではなく、ニュージランドの生まれです。(グレッグを知っている人でもこれらはなかなかご存知ないですよね!)

“【シドニー】すごい先生!グッレグ・ホールダウェイをご紹介【アレクサンダーテクニーク】” の続きを読む

オーストラリアのアレクサンダーテクニークの学校について

こんにちは、西川です。

前回は私の通っているアレクサンダーテクニークの学校についてご紹介しましたが、今回はオーストラリアのアレクサンダーテクニークの学校について書きたいと思います。

オーストラリアには現在5つの教師養成のための学校があります。(個人でプライベートレッスン中心に行っている学校を含めるとたくさんあります。)
そしてすべてがAUSTATに所属しています。
※AUSTATとは?
アレクサンダーテクニークには教師の所属できる国際的な団体が2種類あります。ATI(Alexander Technique International)とSTAT(Society of Teachers of the Alexander Technique)です。STATはイギリスで設立され、オーストラリアで運営されている機関がAUSTATです。(各国にSTATの機関があります。) “オーストラリアのアレクサンダーテクニークの学校について” の続きを読む

シドニーのアレクサンダーテクニークの学校について

こんにちは、西川です!

今通っているシドニーのアレクサンダーテクニーク学校についてお話したいと思います。
アレクサンダーテクニークをあまりご存知ない方はピンとこない内容かもしれません。

現在学んでいるシドニーの学校がこちらになります。
主宰はグレッグ・ホールダウェイ(Greg Holdaway)です。

 

3部屋あり、そのうち2部屋がレッスンルーム。
写真は小さい方のレッスンルーム。

“シドニーのアレクサンダーテクニークの学校について” の続きを読む

ようこそ、初めまして!

ブログへようこそ!

初めまして、西川です。

当ブログ(サイト)ではアレクサンダーテクニークについて、これまでの経験を元に分かりやすく説明することを目指します。

徐々に知名度は上がってきてはいますが、まだまだマイナーであり、情報も十分ではないかと思います。

アレクサンダーテクニークってなに?」という方から、「受けたことはあるけどよくわからない」、「トレーニング中でつまずいている・・・」、「興味はあるけど遠方でレッスンを受けることが難しい」など、さまざな状況の方の役に立てるようにしたいと思います。 “ようこそ、初めまして!” の続きを読む