シドニーのアレクサンダーテクニークの学校について

Pocket

こんにちは、西川です!

今通っているシドニーのアレクサンダーテクニーク学校についてお話したいと思います。
アレクサンダーテクニークをあまりご存知ない方はピンとこない内容かもしれません。

現在学んでいるシドニーの学校がこちらになります。
主宰はグレッグ・ホールダウェイ(Greg Holdaway)です。

 

3部屋あり、そのうち2部屋がレッスンルーム。
写真は小さい方のレッスンルーム。


シドニー中心街のシティーから北側に電車で20分ほどのSt.Leonardsという場所にあります。
ちなみに、私は隣の駅の近くに住んでいます。というかそのためにそこを選びました(笑)

アレクサンダーテクニークの教師になるためのトレーニングコースに在籍している人は、現在(2017年6月)15人ほどです。
ほとんどがオーストラリア、もしくはイギリスなどの英語圏出身ですが、私以外にもマレーシアから習いに来ている人がいます。

クラスは日曜日から木曜日の午前中にあり、週何度通うかは個々で決められます。(3年で1600時間履修することを基本としています。)
レギュラーの教師は4人ほどですが、頻繁に外部からさまざまなスタイルの教師を招致しています。

また、一般向けのワークショップも定期的に開催されており、年に一度メルボルンの学校と合同で合宿が行われています。(私も参加してきました!)

レッスンスタイルとしては、曜日ごとにベースとなるテーマが決められており、教師側から具体的な提案があったり、個人のやりたいアクティビティを中心に学ぶこともあれば、プロシージャと呼ばれるチェアワークやテーブルワークなどを通して学ぶこともあります。
※具体的な内容は別の記事でご説明したいと思います。

個人の意志をとても尊重してくれますので、基本的には自由になんでもすることができます!

アレクサンダーテクニーク教師の第一世代となる、マージョリー・バーストウ(Marjorie Barstow)のスタイルを継承しながらも、他のスタイルやプロシージャーも積極的に行っているため、かなり多様性に富んだ学校だと思います。
※スタイルの違いについては今後記載したいと思います。

私も、こちらで学び始めてからとても多くの新体験や発見があり、アレクサンダーテクニークの奥深さを改めて実感しました。
グレッグは誰でも快く迎えてくれますので、シドニーにお越しの際はぜひこちらまでどうぞ!

 

 

Pocket

“シドニーのアレクサンダーテクニークの学校について” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です