【アレクサンダーテクニークを学ぶ】プライマリーコントロールとはなにか?

Pocket

こんにちは、西川です!

本日から何度かに渡って、アレクサンダーテクニークを学ぶための記事を投稿しようと思います!

アレクサンダーテクニークは実践して、初めて理解できるワークのため、いくら文章で表しても実際にできるようになるとは思っていません。(興味がある方は、まず一度受けて見ることをおすすめします!)

しかし、「近くにアレクサンダーテクニークの教師がいなくてレッスンを受けられない」、「受けたことはあるけど、一体何をやったのかわからなかった」、「この謎のテクニークをもう少し詳しく知りたい・・・」など、そういった方もいらっしゃると思います。

ですので、アレクサンダーテクニークを構成している要素、教師ごとに異なるスタイルやアプローチの差異などを経験を交えながら説明します。

第1回目はアレクサンダーテクニークの最重要項目ともいえる、プライマリーコントロールについて解説していきます。

 

アレクサンダーテクニークとは? でも簡単に説明している通り、プライマリーコントロールとは、「頭と脊椎の関係における全体の調整作用」のことです。

もう少しわかりやすく言うと、頭と脊椎の関係性が身体全体の動きに影響を与えているということです。頭や首、脊椎に関係する筋肉が緊張している状態だとそれが四肢(全身)にも影響するため、手足の動きも本来の機能が制限されてしまいます。

逆にいえば、頭と脊椎の関係が自由(筋肉の不要な緊張がないということ)であれば、手足(全身)も本来の性能を発揮できるということになります。

 

この身体が機能を発揮しやすい状態にあるために最も影響を与えているのが、頭と脊椎の関係であり、これをプライマリーコントロールと呼びます。

コントロールというと意図的に操作するイメージがあるかもしれませんが、本来だれもが備えている自然な機能なのです。

そのため、レッスンではプライマリーコントロールを阻害している習慣にアプローチすることで、プライマリーコントロールが効く状態にするといった表現が適切かもしれません。

 

アレクサンダーテクニークのレッスンではこのプライマリーコントロールを軸を進めていくのが一般的になります。
具体的なアプローチとして例を挙げてみます。

レッスンでは、教師が手で身体各部位に触れるハンズオンというものがあります。これは、教師の手を通して自分の緊張や習慣に気がつき、そこから身体がもっと協調的になるようにガイドをする役割があります。(教師によって意見は異なります)

自分では思いもしないような身体感覚になることが多々あり、経験と客観性をもっている教師ならではスキルと言えます。
この点がアレクサンダーテクニークの自己学習の難しさになり、レッスンを受けなければわからないところです。

このハンズオンのみを使ってレッスンする教師もいれば、下記のような言葉を併用することもあります。

・「頭を上に前にと考える」

・「頭が脊椎から離れていくように思う」

・「首を自由で楽にして」

・「頭がふわりと浮かぶようにイメージして(風船がふわふわと浮かぶよう)」

・「頭を動けるようにして、それに脊椎(全体)がついてくる」

などなど、私が聞いただけでもこれ以上に表現がまだまだあります。

教師ごとにさまざまな意図や経験から導き出した考えがあり、どれが良くてどれがダメなどと言うことはできないと思っています。(感覚的表現はNGとする教師もいる)

方法や意見は異なれど、「身体全体が協調的で機能的になることを意図する」といった点においては、同様であると考えます。

 

プライマリーコントロールが効いている(身体が協調的になっている)状態を自分で体験するのは少し難しいと思いますが、逆ならば比較的簡単に理解できると思います。

たとえば、

1.びっくりしたり、怖がったりした時に首や胴体(脊椎)が緊張していないでしょうか?(ホラー映画でも見てみましょう!笑)

2.重いものを持つ時に首や胴体(脊椎)にまで負担がかかっていませんか?

3.小さい文字を読んだり、一点を集中して見ようとした時に首はどうなっています?呼吸はしていますか?

 

1つ目は、本能的な反応ではありますが、わかりやすく身体が固まるのではないでしょうか。2、3つ目に関しては、行っている動作とは直接関係のない部位のため気づきにくいかもしれませんが、少し意識を向けるとわかると思います。(全然固まってなかった人はすごい!)

この他にも、日常におけるさまざまな場面で大なり小なり首や胴体(脊椎)を固めていることが多々あります。しかも、これは望んでいない動作ですが無意識に行っています

緊張した状態でもその動作を行うことはできるかもしれませんが、パフォーマンスの低下や身体の痛みとして現れてきます。
F.Mアレクサンダーに起こった、声が出なくなるということは正にこれであり、そこから脱却するための鍵となったのがプライマリーコントロールなのです。

以上となりますが、なんとなくプライマリーコントロールとはなにか、知識として理解していただけたでしょうか?

次回以降は、もう少し詳しくアレクサンダーテクニークを実践する上で大切な要素を説明していきたいと思います。

 

 

おまけ

上記例で特に首や胴体の緊張を感じられなかった方へ

 

・わざと「首が固まる」、「頭を絶対動かないようにしよう」と思って、立ったり座ったりしてみてください。そして、それをやめて普通にやってみましょう。(これはキャシー・マデンの言っていた方法です。)

立ち座りが大変にならないでしょうか?
逆にやめるとスムーズにできると思います。

これはあくまで誇張したバージョンであり、頭と脊椎の関係性が動作に影響を与えていることを理解してもらうためのものです。
実際には、これほどではないにせよ、自分では気が付かないような緊張が頻繁に起きていることが多いのです。

それが「習慣」であり、習慣を変えていく方法の一つがアレクサンダーテクニークです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です