腰痛は身体の使い方で改善できる!その3

Pocket

根本的な腰痛改善は自分でしましょう!

今回は医療行為とアレクサンダーテクニークの違いについてお話します。

腰痛の対処方法として、マッサージやストレッチ、姿勢矯正などがあります。
凝り固まった筋肉をほぐしたり、体を調整しバランスがよくなることで腰痛が改善されることはあると思います。

私も実際に病院や整体でマッサージや治療、体のバランス調整をしてもらい痛みが軽減することは、何度か実感しています。

しかし、最初は調子がよくても、しばらくするとまた痛みがぶり返してきました。痛んでは通院してのサイクルから抜け出すことができず、7年間悩み続けていました。

その理由は前回述べたように、自分自身が腰痛を引き起こすような動作や姿勢を自らしていたからです。

医療機関で行われることは症状に対する処置であり、痛みを軽減することが主目的とされています。そのため患者は受動的であり、一時的に痛みがなくなっても、自らの身体の使い方や意識はなにも変わっていないため、また今までと同じ腰痛を引き起こすような身体の使い方をするのです。

痛みがひどい場合は、安静にするよう言われることもあります。
休むことで痛みは減るのですが、治ったと思い活動すると再び腰痛になるのは、根本的な身体の使い方が何も変わっていないからです。

具体的な身体の使い方や、その人の習慣に応じた対応策まで指導してくれる所はあまりないかと思います。

 

では、なぜアレクサンダーテクニークの腰痛に有効なのかを説明します。

アレクサンダーテクニークのレッスンでは、自らの習慣に気がつき腰痛を引き起こすような非効率的な身体の使い方を手放すことによって、身体構造上理に適った自然な動きになっていきます。
また全身のバランスがとれた状態での動きを学ぶことで、全体的な身体の使い方が変化します。

例えば地面に置いた荷物を持ち上げて運ぶ時、多くの人が体幹(脊椎)を曲げ伸ばしすることを優先して、上下動をしています。
しかし、脊椎周りよりも下半身の筋肉のほうが強く、骨も大きいため、股関節主体で上げ下げをしたほうが身体の負担は少なく腰痛も起こりづらいのです。

また、これらの身体的な利点をより活かすためには、部分ではなく全身が協調的になる必要があります。
そのためアレクサンダーテクニークでは、頭と脊椎の関係性を主としたプライマリーコントロールに働きかけます。(これが重要!)

細かな内容についてはここでは言及しませんが、医療機関での対応を「治療」だとすれば、アレクサンダーテクニークは自分に対する「教育」ということになります。
別の言い方をすれば、腰痛を引き起こすような自分の使い方を改善することで、腰痛が起こらないようにする「予防策」を学ぶことだとも言えます。

 

ここで誤解がないように言っておきますが、椎間板ヘルニア、脊柱狭窄症や臓器からくる腰痛など痛みの原因が特定できている腰痛に関しては、まず医療機関で治療を受けることをおすすめします。

 

繰り返しになりますが、アレクサンダーテクニークは医療行為ではなく、教育や予防であると考えています。

原因不明とされている多くの慢性的な痛みは、自らの使い方によって生じているものであり、その根本的な解決方法としてアレクサンダーテクニークをおすすめいたします。

またこのテクニークを学ぶことで、その他のことにも活かすことができます。
もしあなたが腰痛の他に肩こりがあるならば、それが自分の使い方から引き起こされていることだと理解するでしょう。
習慣に気がつきそれを手放すことで自分で解決することができます。
体験を通して学び自らを教育することで、生涯使えるあなたの財産になります。

ぜひ、一度レッスンにいらして下さい!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です