腰痛は身体の使い方で改善できる!その2

Pocket

その腰痛、実は自分自身が作り出しています!?

今回は一般的に腰痛の原因とされているものの認識が、実は根本的にずれているというお話です。

腰痛の原因が特定されているものとして、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、内臓の病気などがあり、手術が必要になることもあります。

しかし、上記のように痛みの原因が判明しているものは全体の15%しかなく、残りの85%は原因を特定しにくい腰痛とされています。(こちらNHKのサイトにもグラフ付きの記載があります。)

私の腰痛も85%にあたるものです。

 

では、腰痛を引き起こすと思われるような行動やシチュエーションを挙げてみましょう。

・重い荷物の積み下ろしをする

・長時間のデスクワークをする

・立ちっぱなしの仕事をする

・庭の手入れのためにしゃがんだり中腰になったりする

・何時間も楽器演奏に打ち込む

 

などなど、一見するとこれらの作業が腰痛の原因のように思えてきます。

しかし、これがそもそもの腰痛の原因に対する誤認です。

 

実際は作業自体が腰痛を引き起こしているのではなく、それを行うときの自分自身の不適切な身体の使い方が大きな要因なのです。

 

重い荷物を運ぶことや長時間立っている状況が腰を痛めているのではなく、あなたの運び方、立ち方が腰を痛めるような身体の使い方をしているのです。

もし作業(動作)=腰痛の原因であるならば、その作業をする人は全員腰痛になることになります。実際には作業によって腰痛になる人もいれば、ならない人もいるし、腰痛の度合いも様々です。

骨格や筋肉の強さは人それぞれなので、それも関係してきますがマッチョであれば腰痛にならないというわけではありません。

大切なのは腰に負担がかからないような身体の使い方です。
これはすべての活動において言えることです。

先に挙げた椎間板ヘルニアのような腰痛の原因が判明しているものも、元を正せば自分の身体の使い方によって引き起こされることもあります。

もちろん、重すぎるものであったり、疲労の限度を超えるような長時間の場合は話が変わります。
ただ、ほとんどの場合が自らの誤った身体の使い方によって、自分で腰痛を引き起こしているのです。

※補足…何もしてない時に比べ、何か作業をすることによって腰に負荷がかかるのは事実です。その状況で負荷が直にかかる、もしくは増幅するような身体の使い方によって腰痛になるということです。

次回は腰痛に対する治療とアレクサンダーテクニークの関わりについて話します。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です