アレクサンダーテクニークとは?

アレクサンダーテクニークとは、
身体の機能・構造の理にかなった自分の使い方を学ぶ方法の一つです。

アレクサンダーテクニークをメソッドとして確立したのは、オーストラリア出身のフレデリック・マサイアス・アレクサンダー(1869年 – 1955年)です。

彼は舞台俳優(朗唱家)として活動していましたが、次第に舞台上で声が出なくなるという不調にみまわれました。

医者にかかりその指示に従いましたが、一時的に回復しても舞台に立ち発声すると再び状態は悪化しました。医者ではどうすることも出来ない状況で、「自分の発声方法が問題を引き起こしている」と考え、三面鏡の前に立ち発声時に自分が何をしているかを観察したのです。

そして、″発声しようとすると、頭を後ろに引き、首を胴体(脊椎)方向へ縮めている″自分を鏡の中に見ました。

これは自分の意図する動きではなく、むしろ身体に大きなプレッシャーを与えていました。
そして逆にこれが起こらなければ声が出しやすくなることに気がつき、
頭と脊椎の関係性が身体全体に重要な影響を与えている″ことを発見しました。

 

これは″プライマリーコントロール″と呼ばれ、アレクサンダーテクニークの根幹となっているものです。

 

また、頭と脊椎だけでなく、その他の身体部位においても自分の意図とは異なる動きをしていることに気がついたのです。
それらは習慣的で無意識の活動であり、からだを緊張させ声を出しづらくしている要因でした。

このことから、部分だけにアプローチするのではなく、
全身が互いに協調しあうことで人間のもっている本来の身体機能が発揮される″ことを理解しました。

しかし、上記のことをやめようと意図しながら取り組むも、発声しようとするやいなや、元の状態に戻ってしまいました。

長期にわたる探究の結果、自分の動きをガイドしているものが、「感覚」であることに気がつきました。
そして、この感覚を頼りにしても意図する結果は得られないことも分かりました。

なぜなら、前述のように、感覚をガイドに発声を行っていた結果が、頭を後ろへ引き、脊椎へ押し下げたり、身体各部位を緊張させるということだったからです。

例えるなら、山の中で方角も分からず、地図もない状態で目的地にたどり着こうとしている様なものです。

 

そして、これを元に導き出されたのが、″建設的で意識的な意志の力″を使うということです。
言い換えると、本能(感覚)から理性へ動きのガイドを変えるということです。

これには主に2種類あり、

習慣的になにかやろうとする自分に気がつき、不必要な癖を防ぐこと
→″Inhibition″(抑制)

身体構造に沿って、全身を方向づける意図を持ち続けること
→″Direction″(方向性)
※方向づけるとは、身体各部位が互いの関係性においてどの方向にあるかを考えること。
例えば、アレクサンダーは発声時に頭を後ろに引き、下へ押し下げていた。これは頭が胴体(脊椎)に対して下に後ろに方向づけられている。(無意識)
そのため、この状態からであれば前に上に方向づけることで身体機能の理にかない、全身が協調的になる

以上の2つもアレクサンダーテクニークにおいて重要です。
これらは、人間は心身統一体であり、身体と心理は不可分な関係にあることを気がつかせてくれる大切な要素です。
しかし、教師によっては片方しか使わなかったり、そもそもこの言葉自体を使わず、別の表現をしたりもします。

 

そしてアレクサンダーは長期探究の末に、ついには問題を完全に解消するにいたりました。
その過程で起こった諸問題は自分のみならず、多くの人に当てはまると同時に、アレクサンダーテクニークが大きな助けになることを知り、メソッドとして確立し広めたのです。

 

ミュージシャンのポール・マッカートニーやスティング、俳優のキアヌ・リーブス、パトリック・スチュアート、ロビン・ウィリアムズなどもレッスンを受けています。
また、ジュリアード音楽院、ギルドホール音楽院やバークリー音楽院、英国王立演劇学校などを始めとして、欧米では、様々な音楽学校や演劇学校が、アレクサンダー・テクニークを正規の授業として取り入れています。